1. トップページ >
  2. 地デジとワンセグ

地デジとワンセグ

最近、携帯電話の話題になるとワンセグという言葉を使うことが多いと思います、。
ここ最近から使われるようになってきた言葉で、
ワンセグ=テレビが携帯で見ることが出来る・・というイメージでいるかたが結構多いと思います。
そこで、このワンセグというものについても、スポットを当ててみましょう。

ワンセグというのは、元々地上デジタル放送の放送波を利用したものの一つです。
その主な目的は、移動している最中の人たちにも、高画質で安定した地上デジタル放送を見てもらいたいということが始まりではないのでしょうか。

その「ワンセグ」の語源は、「ワンセグメント」という言葉から。
「超」簡単にいうと、地上デジタル放送の放送波は、1つのチャンネルにつき「セグメント」と呼ばれる幅が13に分けられています。
この13に分けられている内の1つを携帯電話などのモバイル環境に向けて行う放送に当てようということで始まったのが、この地上デジタル放送の弟分とも言える「ワンセグ」の規格なのです。

ワンセグというと、地上デジタル放送という言葉よりも、携帯電話の方が真っ先にイメージしやすいと思います。
まさにこのワンセグは携帯電話を始めとする、モバイル環境での受信を想定しているというだけに、携帯電話はまさにうってつけの受信機器というわけです。

以前からアナログ放送を受信できる携帯電話はありましたが、それらとの違いは
「消費電力」と「受信状況における安定」という面が大きいのではないかと思います。

消費電力は地デジの一部であるワンセグの受信の方が省電力であり、または受信についてもアナログ放送は受信しにくかったのに対して、ワンセグならば安定して綺麗な画質を保ちつつ放送を見ることが出来るというのが特徴としてありました。

・・と、携帯電話でワンセグを受信する場合を主に取り上げましたが、他にもワンセグを搭載している機器はイッパイあります。

ノートPCにワンセグチューナーを取り付けることで、外出先でも容易にテレビを見ることが出来るようにしたり、または車載のカーナビなどに搭載される場合もありますね。
(車載用の機器については、ワンセグと地上デジタル放送両方が受信できるダブルチューナー内蔵のものが登場しています。)

もともと、諸外国が開発した地上デジタル放送の規格に比べると、移動(つまりモバイル環境)に強い作りをしているというのも大きな特徴でもあるので、ワンセグも、そうした考えから生まれた放送規格なのかもしれませんね。

>>ページ上部へ移動します。